lethe.mail project
: toy.bizarre
ishikawa raita a.k.a. Erehwon
NMR ceremony project
: k.kuwayama + fujii tetsu
narita mamoru

lethe.mail project
1985年6月、夕暮れ時に友達と小さな村にある窪みのところでコオロギが歌う音を録音しているときに"toy.bizarre"という名のもとに活動することを決めた。 彼の父親のテープレコーダーは非常に悪いものだったので(実際彼らが取れた音は催眠作用のあるような虫の規則正しい音波が騒音の中に混ざっているだけのものだった)、家に帰ってみて音をかぶせてみることにした、自分の回りにある全ての音を、録音してきた雑音だらけのテープの上に重ねてみた(全ての自分を取り囲んでる世界を)。 今でも同じことをしている。 自分の実際の活動は、場所に焦点を置いている(場所の持つ特色と、それが作り出す音)、だから自分の音楽製作のゴールはあらゆる場所を開拓することにある。それは連なる山々やどこまでも続く草原、岸、浜辺、操車場、水力発電所。いつも過程は同じ。自分にとってその場所のもっとも特徴的な音を録音する。それからそれらの音を使って一つづつ音楽を作りあげていく。

In june 1985, I decided to work under the name of toy.bizarre, while my best friend and I were recording crickets singing in a pit along a small countryside road, in the sunset. His father's old tape recorder was in fact so bad that we were just able to hear a small frequency part of the hypnotic insects rhythm between the clouds of hiss. Back at home, I decided to go on recording, put on tape, every little sound of my environment, of the sonic world I was surrounded by. I still do it. My actual work is focused on "places", its characteristics and its sound componentsノ so the goal of all my sound compositions is to explore a place : it could be a chain of mountains, a square meter of grass, a beach, a marshalling yard, an hydroelectric powerstationノ Each time the process is the same : recording all the typical sounds of the place (well, for me), then to compose sound pieces only with these sounds,

●lethe mail project : 海外のアーティストから送られてきた音源を使用したコラボレーション・プロジェクト。
plug-in : Quicktime 5+ > download
copyright (c) lethe.voice festival 2003 All Rights Reserved. 翻訳:藤井哲